病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

抗菌薬適正使用の支援は独学でできますか?【基本を身につければできます】

薬剤師も、やり方さえ間違えなければ、 抗菌薬の適正使用の支援を独学でできます。 病院に勤務していると、 医師から感染症や抗菌薬の相談をされることがあります。 ぼくも感染症の勉強を独学でする前は、 何のことやらさっぱりわかりませんでした。 ブログ…

薬剤師が心電図、心エコー、画像を薬物療法に活かすには「モダトレ」で勉強するのがおすすめ!

薬剤師も心電図、心エコー、画像を理解して薬物療法に活かしたいと思いませんか? 医師と会話しているとこの分野の話になると 話についていけなくなることがありませんか? いざ本で勉強するにも医師向けの本が多く、 内容の難しさに挫折します。 薬剤師をは…

ステロイド、生物学的製剤に伴う感染症リスク【2019年】

ステロイドや生物学的製剤を使用している患者は 感染リスクが高いので注意しましょう、と言われますよね。 具体的な基準を知っていますか? ぼくは、曖昧な知識で整理できていませんでした。 ステロイド、生物学的製剤に伴う勉強したことをまとめました。 ス…

免疫不全患者の感染症で勉強したこと【2019年】

免疫不全患者は感染症のリスクが高いため注意が必要です。 なぜ?と聞かれて具体的にイメージできますか? 薬剤師のぼくは、できませんでした。 「レジデントノート増刊号 免疫不全患者の発熱をマスターせよ!」 で勉強すれば最近の情報にアップデートできま…

発熱性好中球減少症(FN)の勉強したこと【2019年】

発熱性好中球減少症(FN)は命に関わるため抗菌薬の選択が重要です。 そもそもFNって何か説明できますか? とりあえず、カルバペネム+バンコマイシンがルーチンでよいですか? 抗菌薬を根拠をもって選択できる薬剤師としてになりたいですよね。 勉強したこ…