体験記

いらなくなった医療専門書はメディカルマイスターに売るのがおすすめ

f:id:byoyakud:20200126070427j:plain

薬剤師の医療専門書を買って、こんなこと感じたことはありませんか?

  • イメージと違ったな…
  • 自分には難しすぎたな…
  • 2回も読まないな…

いらなくなった医療専門書はどうしたらいいでしょうか?

ぼくは200冊以上、薬剤師、医師、看護師の専門書を買ってきましたが、今は手元にないものもあります。

売ったり、買取サービスを使ったりしました。

その理由は、先程の3つに加えて、2つの理由があります。

  • 保管スペースがない
  • 売って本の購入資金にあてたい

医療専門書は高いし、どんどん増えますのでこの悩みを感じている方もいるでしょう。

  • 本を売るにもどうしたらいいの?
  • 近くに専門書の買取サービスがない…

など、なかなか実行に移せないあなた!
さほど、難しくないのでこれから紹介しますね。

結論から言うと本を売るのはメディカルマイスターの買取サービスがおすすめです。

専門書を売る手段は少ないです。

専門書を買う書店が限られているように、実店舗で適正価格で買い取ってくれるところは少ないです。

地方になれば、探すのが大変でしょう。

インターネットで買取してくれるサービスもあるので使い分けると良いですよ。

これからぼくの経験をふまえて説明していきます。

古本屋に売る

全国展開している古本屋があるかもしれませんが、ここで専門書を売るのはおすすめしません。

専門書を求めて来店する方は少ないです。

買取査定をする方に専門書の価値が伝わりにくいです。

Amazon に出品する

ぼくは、2019年までAmazonに出品して必要な方に購入してもらいました。

ぼくは、あまり紙の本に書き込みしたり、マーカーを引いたりしません。

比較的、良好な状態を保ってたこともあってか、70−80%くらいの値段で出品しても購入していただけることがありました。

人気の本なら、満足いく値段で買ってくれる方も多いですよ。

医師向けの本なら、さらに、買ってくれる確率高いです!

Amazonのアカウントを持っている方なら簡単にできます。

アカウントサービスの出品者アカウントを取得して始めてください。

デメリットは、

  • 自分で発送手続きをするのが面倒な方は向かない
  • 15%の販売手数料が取られる(別途+100円の手数料あり)

別途+100円の手数料は自分の登録内容で変わります。

発送方法はレターパックライトやメール便でOKな方も多いです。

発送の手間と手数料が気にならなければ、比較的、高額で売れるのでおすすめですよ!

ぼくも、50冊くらい出品して本の購入資金にしました。

メルカリに出品する

Amazonよりもこちらで売る方が増えてきてるみたいですね。

ぼくは出品したことも買ったこともありませんが、かなり安い値段で出品されてるみたいです。

そのためか、

最近Amazonで出品しても新しい本でないと売れなくなってます。

スマホで簡単にできるサービスですし人気みたいですね。

販売手数料は10%とAmazonよりも安い。

医学生や、研修医が入れ替わる春は、処分も兼ねて出品する方も多いみたいです。

Amazonもメリカリもそうですが、売れるかな…って気にしながら待つのが嫌な方は、次に紹介するメディカルマイスターがおすすめです。

メディカルマイスターに売る

メディカルマイスターの買取サービスは、2020年になって初めて利用しました。

結論を言うとメディカルマイスターは、薬剤師におすすめですね!

  • 専門書に特化した買取サービス
  • 条件次第で買取価格が最大30%

買取価格の30%アップの条件は

  • 無料段ボールの送付希望無しで10%アップ
  • 自動集荷サービスのご利用で5%アップ
  • 査定結果自動承認で5%アップ
  • 基本査定金額5000円以上で5%アップ
  • 買取代金Amazonギフト券支払いで5%アップ

ぼくは、2019年末年始の大掃除で読んでない本を25冊出品。

値段がつきそうな本は

  • 病気が見える
  • ハリソン内科学の第4版
  • 臨床研究のABC
  • むかしの頭で診ていませんか?循環器診療をスッキリまとめました
  • 個人授業心電図・不整脈-ホルター心電図でひもとく循環器診療
  • ドクターこばどんの感染症道場
  • 虎の門病院 内分泌ハンドブック
  • iMedicine 消化管
  • iMedicine 肝胆膵

どうせ捨てるなら少しでも新しい本を買う足しになればいいなと思い、値段がつきそうにない古い本も入れてます。

結果、5,000円ほどの買取金額。

さらに年末年始の特別買取りアッププログラムで40%アップ → 最終的に7,000円ほどになりました。

今回は、査定結果を自動承認にして5%アップさせたかったので、個々の査定結果はわかりませんでした。
結果は満足です。
これで本の整理ができて、読みたい本を買うことができてスッキリ!
忙しいあなたは、職場からいらないダンボールを持って帰ってメディカルマイスターに売りましょう。

最後に本が減ることのメリットです。

ぼくが200冊以上の専門書を買って考えたことは、

  • 積読が長くなるとその間に新しい本が出る
  • 積読が多いと読まなきゃ…という強迫概念がある
  • 読みたいときに買って読む

本の内容は、論文のアップデートなどで3年すれば古くなります。

実際、本も3〜4年ほどで改訂版が出ることが多いですね。

本を買うときはそろそろ改定されそうだな…

読んでない積読も売っておくか。

と考えたりもします。

しかし、読まなきゃな…という強迫概念から開放されると、スッキリした気持ちで新しい本を読むことができます。

自分の読みたい本の方が、読むスピードも早いし、インプットの効率も良いです。

いらない本は早めに売ったほうが、高く買い取ってくれやすいですよ。
いらなくなった専門書が誰かの役に立てて著者にとっても良いでしょう。
部屋の本棚がスッキリすると身軽になります。
ぜひ、メディカルマイスターを利用して本の整理をしてください。

時間的コスパもメディカルマイスターが1番いいですよ!
下記のリンクから申し込みしてください。