医療専門書はAmazonギフト券を使わないと損です

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

抗菌薬は暗記です。

でも、正直おぼえるのに苦労しますよね。

「ねころんで読める抗菌薬」

これを読めば頭に残ること間違いなし!

4コマ漫画の例えが秀逸で初学者に最適です。

薬剤師でも文字通り、ねころんで読めます!

仕事で疲れた後でもスラスラと読めるからおすすめの本です。

  • 対象: 初学者、新人・若手薬剤師
  • おすすめ度(5段階):★★★★★
  • コスパ:(5段階) :★★★★★
created by Rinker
¥2,200 (2020/11/25 08:25:21時点 Amazon調べ-詳細)
目次

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

f:id:byoyakud:20190714154633j:plain

内容をざっくりまとめると

  • 抗菌薬、感染臓器、原因菌の関係に触れている
  • 抗菌薬の投与日数について
  • 感染治療にCRP、白血球数のみを判断材料にしない
  • 培養結果の解釈
  • 各抗菌薬の特徴
  • 微生物の臨床的な特徴

各項目のタイトルが秀逸で、例え話がとてもわかりやすいです。

明日から使える内容なので、あなたの感染症の知識は

0からすぐに1、2、3…と増えていくことは間違いありません。

何よりも読みやすく1項目が、1、2ページで終了するので通読しやすいです。

そして、初学者にちょうどよい量。

ぼくもこれを1冊目に買えばよかった…と、時間の無駄を痛感しました。

おすすめポイントを3つ

  • 初学者、薬剤師にわかりやすい内容
  • 抗菌薬、微生物の特徴がわかる
  • 感染症治療に必要な知識がわかる

初学者、薬剤師にわかりやすい内容

この本の最大の特徴です。

平易な言葉で説明し

わかりやすい例えと4コマ漫画。

初学者は、とにかくわかりやすい本を1冊目に選ぶことが

効率よく勉強するコツです。

抗菌薬、微生物の特徴がわかる

感染症を勉強する薬剤師は抗菌薬の特徴を知りたいですよね。

特徴を理解するときに避けられないのは、カバーする微生物です。

この本は、微生物の特徴と治療に使う抗菌薬をまとめてるので効率よく勉強できますよ!

感染症治療に必要な知識がわかる

抗菌薬を選択する時の基本的な考え方を知ってますか?

ペニシリン系よりもセフェム系が強い?

カルバペネム系が最強??

最終兵器はバンコマイシン!?

すべて違いますね。

抗菌薬を選択するときは、感染臓器、原因微生物を考えて最適な抗菌薬を選択します。

また、感染症の治療効果を評価するときに

白血球数、CRPのみを評価項目にしてはいけません。

感染臓器に適した評価化項目を確認することが大事です。

このように抗菌薬を使うときは、その周辺情報を収集し正しく解釈することが大事です。

この感染症治療の基本をこの本で学ぶことができます。

created by Rinker
¥2,200 (2020/11/25 08:25:21時点 Amazon調べ-詳細)

読み終えたらこの本もおすすめ

次に読む本は、矢野晴美 先生の「感染症まるごとこの一冊」です。

「ねころんで読める抗菌薬」を通読してから読むと理解度、読むスピードが違います。

薬剤師が感染症の基本を勉強するには「感染症まるごとこの一冊!」

created by Rinker
¥4,180 (2020/11/25 02:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる