【要チェック】医療専門書はAmazonギフト券チャージで買えば最大2.5%還元!【詳細はこちら】

薬剤師が がん薬物療法を勉強するときにおすすめの本

がん薬物療法の教科書的な本、がん診療、レジメン管理、副作用対策、調製・暴露対策と多岐にわたりまとめました。
ここで紹介している本をすべて揃えると、一通りのがん薬物療法に関連する業務の疑問点を解決できます。

目次

がん化学療法看護 はじめの一歩

がん薬物療法の初学者、何もわからないので明日から使える知識を勉強したいという方におすすめの本です。
がん薬物療法を始める前〜投与時〜投与終了までの流れ、副作用マネジメントについて記載されています。
イラストもあってわかりやすくまとめてあるので看護師はもちろん、薬剤師にもぴったり。
レジメン管理は別の本を購入しましょう。

編著:鈴木美穂、濱敏弘
発行:2016/12/22
B5判、192頁
出版:照林社

created by Rinker
¥2,310 (2020/11/28 12:51:58時点 Amazon調べ-詳細)

がん患者の症状まるわかりBOOK

がん薬物療法、手術、放射線治療にともなう症状を、なぜこの症状がでるのか考えてアセスメントするための医学書です。
カラーでコンパクトにまとめているので使いやすいですよ。
おすすめの1冊です。

編著:田村和夫、荒尾晴惠、菅野かおり
発行:2018/07/20
B6判、528頁
出版:照林社

created by Rinker
¥3,080 (2020/11/28 22:26:07時点 Amazon調べ-詳細)

がん診療レジデントマニュアル 第8版

がん診療の医学書といえばレジデントマニュアル。
第8版と版を重ねているのが信頼の証。
がん患者に関わる医師、薬剤師をはじめとした医療従事者に必須です。

編集:国立がん研究センター内科レジデント
発行:2019/10
B6変、584頁
出版:医学書院

created by Rinker
医学書院
¥4,400 (2020/11/29 07:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

がん化学療法レジメン管理マニュアル 第3版

がん薬物療法のスケジュール、支持療法、副作用対策についてまとめた本です。
支持療法も含めた具体的なレジメンの内容を記載しているので実践的な内容です。
副作用が出現しやすい時期ものっていますよ。

監修:濱 敏弘
編集:青山 剛、東 加奈子、池末 裕明、内田 まやこ、佐藤 淳也、高田 慎也
発行:2019/08
B6変、638頁
出版:医学書院

created by Rinker
医学書院
¥4,400 (2020/11/29 01:27:40時点 Amazon調べ-詳細)

がん化学療法レジメンハンドブック〜治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで

「がん化学療法レジメンハンドブック」は、さすが羊土社の医学書ですね。見やすくて使いやすいです。
こちらもレジメンの内容をまとめて副作用が出現しやすい時期も記載されています。
第6版と版を重ねているのが人気の証!

監修:日本臨床腫瘍薬学会
編集:遠藤一司、加藤裕芳、松井礼子
発行:2019/03/19
B6変、816頁
出版:羊土社

根拠にもとづく がん化学療法レジメン作成とマネジメントのてびき〜原文献の読み解き方,支持療法・投与法の標準化,安全な運用・評価の実践

レジメン審査委員会の立ち上げに役立つそちそうな内容ですね。
レジメンの登録、審査、管理をどのようにするのか読みやすさで有名な羊土社が手掛けるとわかりやすい本になります。
なかなかこの切り口の医学書はないのでおすすめです。

監修:神野正敏、池末裕明
編集:渡邊裕之
発行:2020/05/19
B5判、199頁
出版:羊土社

がん薬物療法のひきだし

がん薬物療法の教科書的な医学書です。
がん、レジメン審査・評価、各種抗がん剤の特徴、副作用対策、暴露対策、緩和ケアと幅広く記載されているので初学者から認定・専門を目指す方まで有用な1冊になっています。

編集:松尾 宏一、緒方 憲太郎、林 稔展
発行:2020/04
B5判、474頁
出版:医学書院

created by Rinker
医学書院
¥4,950 (2020/11/28 22:26:08時点 Amazon調べ-詳細)

がん化学療法ワークシート 第5版

じほうの「がん化学療法ワークシート」がついに2020年 第5版に改定!
もちろん副作用モニタリングのExcelワークシートもついてます。
これはかなりおすすめ。
改定にあたり執筆者、出版社のご苦労が伺える内容です。
各種がんの代表的なレジメント副作用対策、モニタリングのポイントが書いてあって、実践的なモニタリングシートであるワークシートがこの本の最大の特徴。
がん薬物療法にかかわる方に必須の1冊です。
当院でも重宝しており、おすすめ!

編著:池末 裕明、伊藤 善規、大石 了三
発行:2020/04
B6変、480頁
出版:じほう

created by Rinker
じほう
¥5,720 (2020/11/28 12:10:05時点 Amazon調べ-詳細)

がん薬物療法看護ベスト・プラクティス

臓器ごとのがんについてとがん薬物療法の副作用対策についてまとめた人気の医学書です。
「看護」とタイトルに付いていますが、薬剤師も使える1冊。

監修:佐々木 常雄
編集:下山達、三浦里織
発行:2020/02/27
B5判、424頁
出版:照林社

created by Rinker
照林社
¥3,960 (2020/11/28 13:24:30時点 Amazon調べ-詳細)

がん化学療法副作用対策ハンドブック 第3版〜副作用の予防・治療から、抗がん剤の減量・休薬の基準、外来での注意点まで

副作用の特徴、対策、出現時期をまとめた1冊。
羊土社のレイアウト見やすいので人気ですね。
免疫チェックポイント阻害薬についても記載あり。

編集:岡元 るみ子、佐々木常雄
発行:2019/10/18
B6変、520頁
出版:羊土社

対応の流れと治療のポイントがわかる フローチャート抗がん薬副作用

抗がん剤の副作用に特化した医学書。
発熱(発熱性好中球減少症)、高血圧、悪心・嘔吐、下痢、腫瘍崩壊症候群、電解質異常、末梢神経障害、手足症候群、皮膚障害、血管外漏出などよくある症状や、本書の目玉である九州大学病院のチームICIの免疫チェックポイント阻害薬の副作用対策についても記載されています。

監修:中西 洋一
編集:渡邊 裕之、辻 敏和、濱田 正美、岩谷 友子
発行:2020/03
B5変、304頁
出版:じほう

がん薬物療法副作用管理マニュアル

副作用の重症度評価、薬剤の中止・減量と支持療法についてまとめたマニュアル本。
よく見る副作用:発熱、手足症候群、末梢神経障害、食欲不振、下痢、高血圧などの対策について書いてあります。
また、がん薬物療法に関わると、症状がすべて抗がん剤の副作用!って考えがちですが、考えるべき疾患についても記載。これは大事な考え方ですよね。
が薬物療法に関わる方におすすめの1冊です。

監修:吉村 知哲、田村 和夫
編集:川上 和宜、松尾 宏一、林 稔展、大橋 養賢、小笠原 信敬
発行:2018/03
B6変、314頁
出版:医学書院

created by Rinker
¥4,180 (2020/11/29 05:06:43時点 Amazon調べ-詳細)

がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版

がんの診断、治療、抗がん剤の副作用やガイドラインに基づいた各種がん治療、予後をまとめた医学書です。
がん専門・認定薬剤師の取得を目指している方は必須の1冊。
重要なポイントが箇条書きでわかりやすくまとめてあるので便利ですよ。

監修:金岡 祐次、吉村 知哲
編著:吉村 知哲
発行:2019/09
B5判、496頁
出版:じほう

created by Rinker
じほう
¥4,620 (2020/11/29 01:27:41時点 Amazon調べ-詳細)

ハイリスク患者のがん薬物療法ハンドブック〜多様化・複雑化する患者への治療戦略を身につける

こちらも腎機能が悪い、肝障害、高齢者などハイリスク患者のがん薬物療法をどう考えるか教えてくれる医学書。
ハイリスク患者の抗がん剤投与量を確認するのに役立ちます。
羊土社のレイアウトが見やすくておすすめ!

監修:南 博信
編集:安藤雄一、寺田智祐
発行:2017/07/25
B6変、382頁
出版:羊土社

G-CSF 適正使用ガイドライン

G-CSF製剤の適正使用は日本がん治療学会のG-CSF適正使用ガイドラインを参照されてください。
書籍もありますが、学会のホームページで確認されるとよいですよ。

がん診療ガイドライン│G-CSF適正使用 jsco-cpg.jp

発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン(改訂第2版)

発熱性好中球減少症の対策はガイドラインがまとまっているので参考にしましょう。

編集:日本臨床腫瘍学会
発行:2017/10
B5判、96頁
出版:南江堂

がん薬物療法に伴う末梢神経障害マネジメントの手引き 2017年版

日本がんサポーティブケア学会が発刊している、がん薬物療法に伴う末梢神経障害のマネジメントに役立つ医学書。
エビデンスがまとめてあるのでとても助かります。

JASCCのホームページでも確認できますので確認してから書籍を購入がお得です。

編集:日本がんサポーティブケア学会
発行:2017/10/20
B5判、80頁
出版:金原出版

がん薬物療法に伴う皮膚障害アトラス&マネジメント

同じく日本がんサポーティブケア学会が発刊している、がん薬物療法に伴う皮膚障害のマネジメントに関する医学書。
写真が見れるのが良いですね。

編集:日本がんサポーティブケア学会
発行:2018/08/31
B5判、160頁
出版:金原出版

がん治療に伴う粘膜障害マネジメントの手引き 2020年版

同じく日本がんサポーティブケア学会が発刊している3冊目の医学書は、がん薬物療法に伴う粘膜障害についてエビデンスをまとめた本。

編集:日本がんサポーティブケア学会
発行:2020/02/25
B5判、192頁
出版:金原出版

臨床で活かす がん患者のアピアランスケア

アピアランスケアと言う言葉を知っていますか?
がん薬物療法などで脱毛、爪、皮膚の変化など外観に関するケアのことです。
ウィッグ、メイクのやり方やスキンケアなどここが知りたかった!という内容が書いてあり患者さんのマネジメントに役立てることができる医学書です。

編集:野澤 桂子、藤間勝子
発行:2017/07
B5判、310頁
出版:南山堂

created by Rinker
¥3,850 (2020/11/28 23:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

抗悪性腫瘍薬の院内取扱い指針 抗がん薬調製マニュアル 第4版

抗がん剤の調製に欠かせない医学書です。
調製時の注意点、調製後の安定性。
がん薬物療法の調製に関わる方に必須の1冊。

監修:日本病院薬剤師会
編著:遠藤 一司、濱 敏弘、加藤 裕久、中山 季昭、米村 雅人
発行:2019/08
B5判、480頁
出版:じほう

がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版

日本がん看護学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床腫瘍薬学会がハザードダスドラッグの取り扱いをまとめたガイドラインです。
がん薬物療法をする施設は1冊おいておきましょう。

編集:日本がん看護学会、日本臨床腫瘍学会、日本臨床腫瘍薬学会
発行:2019/02/25
B5判、180頁
出版:金原出版

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる