病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

新人薬剤師の心不全を勉強に「レスピプラス みてわかる!循環器のキホン 心不全のくすり」

f:id:byoyakud:20190812092933j:plain

心不全の前負荷、後負荷、前方障害、後方障害に伴う症状を

初学者向けに説明してくれる

「レスピプラス みてわかる!循環器のキホン 心不全のくすり」

病態をざっくり理解するのに最適!

特に心臓の機能と心不全のキホンの項目は必読!

新人薬剤師、薬学生でも読める内容です。

もちろん、その他のステージの薬剤師も復習に使用しても理解が整理されておすすめですよ。

コスパもかなり良い!!

この本を読んでから、他の本を読むとスラスラ読めるでしょうね。

循環器病棟の薬剤師には少し物足りないので★4にしました。

レスピプラス みてわかる!循環器のキホン 心不全のくすり

  • 対象: 新人薬剤師、薬学生
  • おすすめ度(5段階):★★★★☆
  • コスパ:(5段階) :★★★★★

おすすめポイントを3つ

  • 心不全の病態をわかり易く記載
  • 薬物療法をわかりやすく解説
  • 心不全治療薬の服薬指導に活かすポイントがわかる

心不全の病態をわかり易く記載

前負荷、後負荷とそれぞれの増大に伴う症状を説明してみて?

そう言われても、なんとな〜くの知識で説明してました。

最初の"心臓の機能と心不全のキホン"を読めば

系統立てて説明できるようになります。

また、

  • HFrEF(heart failure with reduced ejection fraction):収縮機能が低下した心不全

  • HFpEF(heart failure with preserved ejection fraction):収縮機能の保たれた心不全

についてもふれてます。

特にHFpEFは最近話題なのでおさえておきましょう。

薬物療法をわかりやすく解説

まず、急性心不全と慢性心不全薬物療法は異なります。

急性心不全薬物療法

急性心不全

水分負荷に心臓のポンプ機能がついていかず、

破綻した状態です。

心不全の症状をすぐに緩和しなくてはなりません。

体液貯留に対してループ利尿薬

肺うっ血に対して硝酸薬

頻脈に対してβブロッカー、ジギタリス

これらが主に使用されます。

"病態変動に合わせた薬学管理"の項目で

利尿剤について

著者の私見もふまえ解説してくれてます。

この項目は秀逸です!

実臨床の経験が豊富なのが伝わってきますよ。

ぜひ読んでみてください。

慢性心不全薬物療法

心不全の再増悪予防が目的です。

主に使用される薬は下記ですね。

  • βブロッカー
  • ACE阻害剤、ARB
  • MRA

浮腫や、うっ血予防には

ループ利尿薬が頻用されます。

改善に乏しければ

バソプレシンV2受容体拮抗薬のトルバプタンを使用しますが、

長期投与のエビデンスは不十分です。

心不全治療薬の服薬指導に活かすポイントがわかる

"慢性心不全の薬学管理"の項目で

患者からのよくある質問を

著者の考えをふまえて書いてくれてます。

患者の状態を適切に把握して

薬剤師が受診を勧めるのは大事なポイントですよね。

気になること

HFpEFの治療は、まだエビデンスに乏しく明確な治療法が確立されておりません。

今後のデータ集積が望まれるところですね。

COPD心不全の関係も最近の話題のようです。

また、NT-proBNPも注意点があります。

NT-proBNPは、特に腎機能の影響を受けやすいので解釈には注意が必要です。

詳細は日本心不全学会のページをご確認ください。

読み終えたらこの本もおすすめ

“Dr.大島一太の7日でわかる心不全"

ぼくが心不全を本格的に勉強するときに

読んだ本です。

2012年と少し古いですが

薬剤師におすすめです!


Dr.大島一太の7日でわかる心不全―急性心不全から慢性心不全までメカニズムと治療の根拠

スポンサーリンク