病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

薬剤師のためのキノロン系抗菌薬アップデート【2019年】

f:id:byoyakud:20190818214318j:plain

medinina 2019年6月号を読んでキノロン系抗菌薬のアプデートする内容を備忘録をかねて書きます。

薬剤師の知識のアップデートにご確認ください。

薬剤師のためのキノロン系抗菌薬アップデート2019年

f:id:byoyakud:20190516043700j:plain

キノロン系抗菌薬は良くも悪くも使いやすさのためか乱用されやすい抗菌薬です。

使い所をおさえて処方支援しましょう。

キノロン系抗菌薬の基本

2019年のブログ執筆時点で頻用されるキノロン系抗菌薬は以下になります。

  • シプロフロキサシン(CPFX)
  • レボフロキサシン(LVFX)
  • モキシフロキサシン(MOFX)
  • ガレノキサシン(GRNX)
  • シタフロキサシン(STFX)

抗菌スペクトル

緑膿菌を含むグラム陰性桿菌を広くカバーする抗菌薬です。

CPFX以外はグラム陽性球菌の肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、溶連菌もカバーする“レスピラトリーキノロン”と呼ばれます。

ただ、黄色ブドウ球菌の耐性化が進んでいるとの話もあります。

自施設のアンチバイオグラムを確認しましょう。

市中獲得型のMRSA(CA-MRSA)に対しても感受性があることがあります。

さらに非定型肺炎の起因菌であるマイコプラズマクラミジア、レジオネラなどをカバーします。

結核菌などの抗酸菌や非結核性抗酸菌にも効くので、呼吸器感染症結核の可能性があれば除外をしておかないと、あとから大変なことになります。

キノロン系抗菌薬は耐性化が進んでいる

キノロン系抗菌薬は尿路感染症に安易に使用されてきたため、大腸菌の耐性化が進んでいます。

緑膿菌に感受性がある内服抗菌薬はキノロン系になるので、第一選択ではないケースで使用しない努力が必要です。

厚生労働省の薬剤耐性(antimicrobal resistance:AMR)対策で、“2020年までに大腸菌のフルオロキノロン耐性率を25%以下に低下させる”、“経口セファロスポリン系抗菌薬、フルオロキノロン系抗菌薬、マクロライド系抗菌薬の人工1,000人あたりの1日使用量を2013年の水準から50%削減する”という目標を掲げています。

海外でも安易な処方をしないよう提言している状況です。

作用機序

細菌のDNAの複製に必要なトポイソメラーゼに作用して殺菌的に効果を発揮します。

トポイソメラーゼはⅡとⅣがあり、キノロンの種類でどちらに作用するか割合が異なります。

キノロン系抗菌薬の耐性機序はこのトポイソメラーゼの遺伝子変異で起こると言われており、

シプロフロキサシンは1回の変異で耐性を獲得することがありますが、その他のフルオロキノロンキノロン系は2、3回と数を重ねることで耐性を獲得します。

PK/PD

濃度依存性の抗菌薬です。

半減期が長いため

CPFXは1日2回ですが、その他は1日1回投与になります。

代謝はCPFXは肝臓と腎臓の両方から排泄されてますが、その他は腎排泄がほとんどです。

バイオアベイラビリティも高く移行性も良好です。

ただし、中枢神経への移行性は悪いため基本的には使用しません。

CPFXとMOFXは比較的移行性がよいため使用することがあります。

ちなみにMOFXは尿路への移行性が悪いため尿路感染症には使用できません。

薬物相互作用は、2価、3価の金属イオンとはキレートを形成し吸収が低下するため服用タイミングをあけなくてはいけません。

キノロン系抗菌薬のアップデート

f:id:byoyakud:20190409102919j:plain

2019年ブログ執筆時点でのアップデートは添付文書の改定について記載します。

2019年1月10日に添付文書の改定

キノロン系抗菌薬にPMDAから添付文書改訂に関する文書がでました。

主に以下の項目が追加されてます。

  1. 「慎重投与」の項に、「大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子(マルファン症候群等)を有する患者」を追記する。
  2. 「重要な基本的注意」の項を新設し、観察を十分に行うとともに、腹部、胸部又は背部に痛み等の症状があらわれた場合には直ちに医師の診察を受けるよう患者に指導する旨、上記 1.にて追記する患者では、必要に応じて画像検査の実施も考慮する 旨を追記する。
  3. 「重大な副作用」の項に「大動脈瘤、大動脈解離」を追記する。

これは米国食品医薬品局(FDA)が2016年5月12日にだしたDrug Safety Communicationが関係しています。

参考図書

f:id:byoyakud:20190827134537j:plain

最新の情報にアップデートするには月刊誌が効率がいいです。

「medinina 2019年6月号 抗菌薬をアップデートせよ!」がおすすめです。

岸田直樹 先生が企画されておりブログ記事執筆時点での新しい情報で記載されています。

www.byoyakud-blog.com

スポンサーリンク