病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

薬剤師のためのペニシリン系抗菌薬アップデート【2019年】

f:id:byoyakud:20190818214311j:plain

薬剤師のためのペニシリン系抗菌薬アップデート【2019年】

medinina 2019年6月号を読んでアプデートした内容を備忘録をかねて書きます。

今回はペニシリン系抗菌薬です。

ペニシリン系抗菌薬の基本

f:id:byoyakud:20190516043700j:plain

まずは復習をかねて特徴を書きます。

ペニシリン系はβラクタム系に分類されます。

ペニシリンは"弱い"抗菌薬

カルバペネムは"強い"抗菌薬

という話を聞きますが違います。

抗菌スペクトルが広いか狭いかで考えましょう。

強さの比較は、起因菌、感染臓器で考えます。

たとえば

肺炎の起因菌が肺炎球菌の場合、

カルバペネム系よりもペニシリン系の方が強いです。

ペニシリン系抗菌薬は感受性があれば安くて良い抗菌薬ですよ!

作用機序

細胞の細胞壁合成阻害が作用機序です。

細胞壁にある細胞壁合成酵素のひとつである

PBP(penicillin binding protein)に結合します。

分類

天然ペニシリン

アミノペニシリン

  • アンピシリン
  • アモキシシリン

緑膿菌に感受性があるペニシリン

  • ピペラシリン

※ 次のTAZ/PIPCも緑膿菌に感受性あります。

βラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン

  • アモキシシリン / クラブラン酸(AMPC/CVA)
  • アンピシリン / スルバクタム(ABPC/SBT)
  • タゾバクタム / ピペラシリン(TAZ/PIPC)

PK/PD

T>MIC(Time above MIC)

MICとは最小発育阻止濃度のことです。

起因菌のMICを超えている時間が

長いほど効果が良いということです。

"時間依存性"の抗菌薬と考えてください。

アップデート

f:id:byoyakud:20190617092020j:plain

2019年6月時点でのアップデート事項です。

ペニシリンアレルギー

IgEを介したアナフィラキシーまれ

  • 非経口では0.001%
  • 経口では0.005%

(Lancet 393:183-198,2019 PMID: 30558872)

JAMAでも5%未満とされ、以下の記載もあります。

  • ペニシリンとセファロスポリンの交差反応は2%で、以前報告された8%よりも少ない
  • IgEを介したペニシリンアレルギーは時間とともに減少し、80%が10年後に寛容になる

(JAMA 321:188-199,2019 PMID: 30644987 )

ただし、

アミノペニシリンとセファロスポリンの交差反応は40%なので注意が必要です。

TAZ/PIPCとVCMの併用はAKIが増える

VCM単独と比較してTAZ/PIPCを併用した群は

急性腎機能障害(AKI)が増えました。

(Crit Care Med 46:12-20,2018 PMID: 29088001)

TAZ/PIPCとVCMを併用するとAKIがふえる。

これだけが強調されてますが、

CFPMまたはMEPMとVCMの併用と比較しても

AKIは増えます。

AKIを発症するまでの時間は

TAZ/PIPC併用群の方が早い傾向があるものの

CFPMまたはMEPM併用群と比較して有意ではありませんでした。

大腸菌または肺炎桿菌の菌血症に対する効果

セフトリアキソン耐性の大腸菌または肺炎桿菌の菌血症に対して

30日内死亡率を調べた報告で

TAZ/PIPCはMEPMに非劣勢を示すことができませんでした。

(JAMA 320:984-994,2018 PMID: 30208454)

この論文では検出菌の

ESBL産生菌が85.2%、AmpC産生菌が10.2%であり

ESBLを産生する大腸菌または肺炎桿菌の菌血症に対して

TAZ/PIPCを使用するのはよく考えた方がよいですね。

参考図書

f:id:byoyakud:20190827134537j:plain

最新の情報にアップデートするには月刊誌が効率がいいです。

「medinina 2019年6月号 抗菌薬をアップデートせよ!」がおすすめです。

岸田直樹 先生が企画されておりブログ記事執筆時点での新しい情報で記載されています。

www.byoyakud-blog.com

スポンサーリンク