病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

薬剤師のためのカルバペネム系抗菌薬のアップデート【2019年】

f:id:byoyakud:20190818214255j:plain

medinina 2019年6月号を読んでアプデートする内容を

備忘録をかねて書きます。

カルバペネム系抗菌薬

f:id:byoyakud:20190516043700j:plain

ペニシリン系、セフェム系と同じくβラクタム系に分類されます。

作用機序

細胞の細胞壁合成阻害が作用機序です。

細胞壁にある細胞壁合成酵素のひとつである

PBP(penicillin binding protein)に結合します。

種類

  • イミペネム/シラスタチン(IPM / CS)
  • パニペネム/ベタミプロン(PAPM / BP)
  • メロペネム(MEPM)
  • ドリペネム(DRPM)
  • ビアペネム(BIPM)
  • テビペネムピボキシル(TBPM-PI)

PK/PD

T>MIC(Time above MIC)

MICとは最小発育阻止濃度のことです。

起因菌のMICを超えている時間が

長いほど効果が良いということです。

"時間依存性"の抗菌薬と考えてください。

アップデート

f:id:byoyakud:20190617105159j:plain

2019年のブログ執筆時点でのアップデートは、人工呼吸器関連肺炎(VAP)にDRPMを使用する際の注意事項です。

DRPMはVAPに使用しないほうがよい

2014年3月6日に米国食品医薬品局(FDA)が

VAPにDRPMを使用すると死亡リスクの増加と臨床的治癒率が低下すると発表しました。

概要を簡単に説明すると、

アメリカでDRPMとIPM/CSのVAPに対する治療効果を比較しました。 (Crit Care. 2012 Nov 13;16(6) PMID:23148736)

  • DRPM 1回 1g 8時間毎 4時間かけて投与 7日間 
  • IPM/CS 1回 1g 8時間毎 1時間かけて投与 10日間

28日間の死亡率は、DRPM群(23.0%; n = 31/135)、IPM / CS群(16.7%; n = 22/132)とDRPM群が高かく、臨床的治癒率もDoribax群が低い結果になりました。

DRPMの方が投与日数が短いことが影響しているのではないか?とも思えますが、7日目の時点でも有意差がありそうな経過のようです。

FDAは、この試験結果をうけてDRPMをどの種類の肺炎にも承認していおらず、腎盂腎炎を含む複雑性腹腔内感染症と複雑性尿路感染症に対して承認しています。

大腸菌または肺炎桿菌の菌血症に対する効果

ペニシリン系抗菌薬をアップデート【2019】でも書きました。

www.byoyakud-blog.com

大腸菌または肺炎桿菌の菌血症に対するTAZ/PIPCとMEPMの治療効果を比較した論文です。

(JAMA 320:984-994,2018 PMID: 30208454)

セフトリアキソン耐性の大腸菌または肺炎桿菌の菌血症に対して

30日内死亡率を調べた報告で

TAZ/PIPCはMEPMに非劣勢を示すことができませんでした。

参考図書

f:id:byoyakud:20190827134537j:plain

最新の情報にアップデートするには月刊誌が効率がいいです。

「medinina 2019年6月号 抗菌薬をアップデートせよ!」がおすすめです。

岸田直樹 先生が企画されておりブログ記事執筆時点での新しい情報で記載されています。

www.byoyakud-blog.com

スポンサーリンク