薬剤師の仕事内容がわかるストーリーが良い【薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理】

f:id:byoyakud:20190803231312j:plain

「薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理」

塔山 郁さんのミステリー小説です。

薬剤師なら読まずにはいられないタイトルですね。

おもしろかったです。

薬剤師の仕事内容がわかるストーリーが良い

調剤薬局の薬剤師、毒島花織と一般人の水尾爽太の日常でおこる事件を解決してきます。

薬剤師ならワクワクせずにはいられない「あるある」も楽しみです。

著者の方は参考図書に日経DIクイズをあげてましたので勉強されてますね。

ネタバレをさけるため具体的にかきませんが、薬局薬剤師の仕事内容をストーリーにうまく盛り込んでます。

いつもと同じ薬なんだから早くして!とか

軟膏だけなんだから!とか

みなさん考えるでしょうが、さまざまなことを薬剤師は確認してますので、ご理解いただければ嬉しいですね。

そして、この本が一般の方の啓蒙になることを期待します。

ぼくは病院薬剤師ですが、過去に調剤薬局のバイトをしたことがあるので、薬局薬剤師ならではの苦労が少しわかります。

薬局の薬剤師は処方箋や患者から病名を推測、確認しなければならないので大変です。

ストーリーでもふれてますが、

調剤薬局の薬剤師はさまざまな処方箋を受けるため

幅広い知識が求められます。

あの分厚い今日の治療薬の薬や薬物動態、相互作用などすべて暗記するのも不可能ですが、調べ方、考え方がわかれば良いとぼくは考えてます。

医師も診療科が分かれているように、医療の専門性は日々たかまってきてますし、医師も”わからないこと”は”わからないと”はっきり言ってくれる方のほうが信頼できる印象です。

その上で、専門医を紹介してくれという流れですね。

薬剤師も今後はそうなっていくのでしょうか。

プライマリ・ケア、健康サポートの視点から調剤薬局、ドラックストアの薬剤師の役割も多様化してます。

受診推奨は今後の大きな役割になる可能性もあるので日々勉強が必要。

薬剤師もそれぞれの環境で仕事をされてますが、多くの薬剤師がその流れに向け研鑽を積まれているでしょう。

ぼくは、薬局やドラックストアの薬剤師を尊敬してます。

同じことをやってみせろっていわれたら、できる自信がないからです。

薬剤師に薬局の方が…病院の方が…と優越はないとぼくは考えています。

ぼくは病院薬剤師の仕事が好きだから病院で働いている。それだけです。

最後に本の内容にもどります。

最初は薬剤師の仕事をどう書いてるのか気になりながら読んでましたが、中盤からは毒島さんと西尾さんの関係が気になりながら読んでました(笑)

2人の今後が気になりますが、続編はあるのか!?

ミステリーとしてドラマ化も期待しちゃいます!

病院薬剤師の「アンサング・シンデレラ」

薬局薬剤師の「マンガでわかる薬剤師」

と同様に薬剤師にエールを送る本であり、一般の方に薬局薬剤師の仕事を知ってもらうよい本ですね!

薬剤師だけでなく一般の方にも読んでほしい1冊です。

あなたはもう読みましたか?

2020年6月に待望の続編「甲の薬は乙の毒 薬剤師・毒島花織の名推理」が発売!