病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

薬剤師が感染症の基本を勉強するには「感染症まるごとこの一冊!」

f:id:byoyakud:20190811232629j:plain

薬剤師に必要な感染症の基本は「感染症まるごとこの一冊」で勉強できます。

文字どおり1冊でほとんど網羅できます。

ざっくり内容をまとめると

  • 病院の感染制御
  • 抗菌薬
  • 臓器別の感染症
  • ワクチン

これと言って

特徴がないように思えますが

基本忠実に書いてあるため

安心感のある内容です。

感染症まるごとこの一冊

  • 対象: 初学者、新人・若手薬剤師
  • おすすめ度(5段階):★★★★★
  • コスパ:(5段階) :★★★★★

薬剤師に必要な感染症の基本はこの本で勉強する

感染症まるごとこの一冊の内容は

  • 感染管理
  • 感染症診療
  • 微生物
  • 抗菌薬
  • 主要な感染症治療について
  • ワクチン

感染症のわかりやすい教科書です。

ぼくも同僚にこの本をおすすめしてます。

研修医向けかもしれませんが、

薬剤師でもきっと理解できます。

肺炎や尿路感染症などの

起炎菌トップ3を記載してくれてるので

まずは、これを覚えましょう。

そして、抗菌薬の評価をするポイントを学びます。

繰り返しこの本を読んでマスターすれば

感染症が苦手な医師の処方支援ができるようになります。

医師は、相談相手がおらず孤独です。

一緒に治療をしてくれるパートナーを探しているものです。

ぼくは、外科病棟を現在担当していますが

卒後5年目前後の外科系医師が

定期的入れ替わります。

そこで実感するのが、

若手の外科の先生方は

まず、手術の手技や術後管理を

勉強しなければならないため

感染症をはじめとした内科系の疾患を

勉強する時間があまりないそうです。

抗菌薬の質問を受けることも多かったので

ぼくは、感染症の勉強をはじめました。

この本をマスターし

感染症の治療の一助となった症例もありました。

そういったきっかけもあり症例をあつめ

抗菌化学療法認定薬剤師を取得することもできました。

ぼくの基礎を築いてくれた本です。

読み終えたらこの本もおすすめ

f:id:byoyakud:20190714154633j:plain

類書のこちらを読んでみると

新たな発見ができるかもしれません。

www.byoyakud-blog.com

次のステップに進みたい方は

岩田健太郎 先生のこちらがおすすめです。

www.byoyakud-blog.com

抗菌薬の使い方をレベルアップしたい方は

必読の名著です。

スポンサーリンク