感染症

薬剤師が感染症の基本を勉強するには「感染症まるごとこの一冊!」

f:id:byoyakud:20190811232629j:plain

薬剤師に必要な感染症の基本は「感染症まるごとこの一冊」で勉強できます。

文字どおり1冊でほとんど網羅できます。

ざっくり内容をまとめると

  • 病院の感染制御
  • 抗菌薬
  • 臓器別の感染症
  • ワクチン

これと言って特徴がないように思えますが、基本忠実に書いてあるため安心感のある内容です。

感染症まるごとこの一冊

  • 対象: 初学者、新人・若手薬剤師
  • おすすめ度(5段階):★★★★★
  • コスパ:(5段階) :★★★★★
created by Rinker
¥4,180
(2020/07/07 14:10:41時点 Amazon調べ-詳細)

薬剤師に必要な感染症の基本はこの本で勉強する

感染症まるごとこの一冊の内容は

  • 感染管理
  • 感染症診療
  • 微生物
  • 抗菌薬
  • 主要な感染症治療について
  • ワクチン

感染症のわかりやすい教科書です。

ぼくも同僚にこの本をおすすめしてます。

研修医向けかもしれませんが、薬剤師でもきっと理解できます。

肺炎や尿路感染症などの起炎菌トップ3を記載してくれてるので、これを覚えましょう。

そして、抗菌薬の評価をするポイントを学びます。

繰り返しこの本を読んでマスターすれば、感染症が苦手な医師の処方支援ができるようになります。

医師は、相談相手がおらず孤独です。

一緒に治療をしてくれるパートナーを探しているものです。

ぼくの担当病棟は、卒後5年目前後の外科系医師が定期的入れ替わります。

そこで実感します。

若手の外科の先生方は、手術の手技や術後管理を勉強しなければならないため、感染症をはじめとした内科系の疾患を勉強する時間があまりないそうです。

抗菌薬の質問を受けることも多かったので、ぼくは、感染症の勉強をはじめました。

この本をマスターし、感染症の治療の一助となった症例もありました。

そういったきっかけもあり症例を経験し、抗菌化学療法認定薬剤師を取得することもできました。

ぼくの基礎を築いてくれた本です。

created by Rinker
¥4,180
(2020/07/07 14:10:41時点 Amazon調べ-詳細)

読み終えたらこの本もおすすめ

類書の「ドクターこばどんの感染症道場」を読んでみると

新たな発見ができるかもしれません。

薬剤師が感染症を広く勉強するには「ドクターこばどんの感染症道場」 – おすすめ本を紹介する病院薬剤師Dのブログ

次のステップに進みたい方は

岩田健太郎 先生の「抗菌薬の考え方、使い方」がおすすめです。

抗菌薬の使い方をレベルアップするための必読の名著です。

抗菌薬の本当の使い方がわかる!薬剤師必読の「抗菌薬の考え方、使い方」 – おすすめ本を紹介する病院薬剤師Dのブログ

created by Rinker
¥4,400
(2020/07/07 06:21:37時点 Amazon調べ-詳細)