感染症

感染症の初学者、薬剤師におすすめする本5冊

f:id:byoyakud:20200503063137j:plain

感染症…

長い微生物名がならび抗菌薬も種類がありすぎて…ぜんぶ暗記できないよ!!

どうやって勉強したらいいんだ!

ってなりますよね。

ぼくも最初に買った本がわかりづらくて…挫折しました。

でも、もう大丈夫です。

ぼくを踏み台にして効率よく勉強してください。

対象は新人、若手薬剤師を対象にしています。

研修医、看護師にもおすすめ本もあります。

読みやすさ、わかりやすさ、金額を考慮してピックアップしています。

おすすめの勉強の仕方

感染症は、まず暗記です!

感染症の起炎菌を覚えましょう。

たとえば

  • 肺炎だったら肺炎球菌が多い
  • 尿路感染症だったら大腸菌が多い

その後、抗菌薬のスペクトルを覚えるのが体系的に学べると考えています。

薬剤師は処方監査の観点から

抗菌薬 → 微生物 → 感染症

医師は診断、治療の観点から

感染症 → 微生物 → 抗菌薬

の順で考えます。

医師の思考回路を理解するのが、処方支援の重要なポイントと考えています。

初学者はまず微生物、抗菌薬について理解することからスタートがいいでしょう。

ねころんで読める抗菌薬

文字通りねころんで読めます。

4コマ漫画、イラストもいいですよ。

抗菌薬だけでなく感染症診療、微生物についても触れてくれてます。

医師向けじゃないの?って思った方、安心してください。

ざっくり書いてるので薬剤師の方も理解できます。

新人、若手はもちろんのこと研修医、看護師にもおすすめ。

その気になれば1〜2時間で読めて明日から使える知識が書いてあります。

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

ちなみに「もっとねころんで読める抗菌薬」という続編もあります。

絵でわかる感染症

ねころんで読める抗菌薬の類書です。

岩田健太郎先生の本です。

岩田先生の本は読みやすく、おもしろくて、勉強になります。

大好きです。

「もやしもん」の 石川雅之さんの絵が、さらにわかりやすくしてくれます。

抗菌薬と菌について書いてくれてます。

こちらも新人、若手薬剤師はもちろんのこと

研修医にもおすすめ。

感染症に興味がある看護師もおすすめです。

もやしもん好きの薬剤師におすすめする感染症の本は「絵でわかる感染症」

ちなみに「もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典」という本もあります。

created by Rinker
¥1,386
(2020/08/05 02:00:05時点 Amazon調べ-詳細)

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩

created by Rinker
¥3,449
(2020/08/05 02:00:06時点 Amazon調べ-詳細)

矢野晴美 先生の本です。

抗菌薬の教科書という印象です。

研修医に人気の本ですね。

少し古い本ですが良書です。

増刷のときにマイナーマップデートしていると聞いたことがあります。

研修医に人気なのは、基本をおさえてマニアックな部分を省いているからだと思います。

これが意外と重要なのです。

「ねころんで読める抗菌薬」、「絵でわかる感染症」を読んで「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」を読むとスラスラと読めそうです。

薬剤師が1冊目に読んでもOKです。

薬剤師が抗菌薬の基本を学ぶ本は「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」

感染症まるごとこの一冊

created by Rinker
¥4,180
(2020/08/05 02:00:06時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも矢野晴美 先生の本。

文字通り1冊で

感染症の治療、抗菌薬、微生物について網羅できます。

対象は研修医、薬剤師でしょう。

何冊も購入できない

短時間で効率よく!

って方はこちらがおすすめ。

マニアックな部分は省いているので薬剤師も繰り返し読めば身につきます。

こちらも増刷のときにマイナーアップデートしているとか。

薬剤師が感染症の基本を勉強するには「感染症まるごとこの一冊!」

これであなたも免許皆伝! ドクターこばどんの感染症道場

「感染症まるごとこの一冊」の類書です。

感染症治療、抗菌薬、微生物について学べます。

編集の西原崇創 先生は、聖路加国際病院で循環器、感染症専門を研修後、循環器医でありながら「感染症一刀両断」の著者です。

created by Rinker
¥3,080
(2020/08/05 00:19:11時点 Amazon調べ-詳細)

非専門医におさえてほしいポイントをコンパクトにまとめています。

この感染症道場は、著者の小林美和子 先生が

感染症一刀両断をアップデートした印象です。

少し内容が古くなってきていますが入門の1冊として有用です。

矢野晴美 先生の本と好みで決めてるとよいです。

薬剤師が感染症を広く勉強するには「ドクターこばどんの感染症道場」

まとめ

1冊だけなら

  • 感染症まるごとこの一冊

まずは、通読するのを目標にするなら

  • ねころんで読める抗菌薬
  • 絵でわかる感染症

どちらか1冊です。

ぼくは、通読しやすさ、わかりやすさ重視で以下の順で読むのをおすすめします。

1. ねころんで読める抗菌薬

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

2. 感染症まるごとこの1冊

薬剤師が感染症の基本を勉強するには「感染症まるごとこの一冊!」

本は相性があるので実際に本屋で確認して購入をおすすめします。

他にもこの感染症の本がおすすめ

感染症の知識をブラッシュアップしたい薬剤師におすすめ本4冊

感染症で薬剤師に役立つ知識を勉強できるおすすめ本5冊