仕事術

薬剤師のぼくがブログを始めてよかった3つのこと【成長する】

ブログを書き始めて2ヶ月たち、

少しづつですが良い変化がありました。

  • 文章力をつける訓練になる。
  • 新しいことにチャレンジする。
  • 継続するようになる。

ネタを探すプレッシャーを感じるときもありますが、

自分の成長につながっていると考えております。

ブログは薬剤師が文章力をつける訓練になる

f:id:byoyakud:20190715115324j:plain

わかりやすい文章を書くって難しい。

1文が長くなると読みにくくなるため句読点の使い方が大事です。

本や文章を読むときに、

「よみやすい」

「わかりやすい」

を意識するようになりました。

わかりやすい本を書く著者の方は、シンプルで文章が短い。

薬剤師は、仕事でカルテや薬歴など文章を書く機会があります。

文章力があると仕事の質も変わりますよ。

いいこと書いても読まれないと意味がないです。

ぼくも、カルテの記載はわかりやすい文章を心がけてます。

同じことを繰り返し書いてないか?

長くなってないか?

日記みたいになってないか?

文章の書き方って学生のころって教わりません。

自分で勉強、練習しないと、文章力が身につくこともありません。

ぼくは、仕事で文章書くことが多いですが、ブログでも文章力を身につける練習をし、成長につなげたいと考えてます。

論文、報告書、本、手紙、ブログなど、対象によって最適な書き方が変わります。

いろんな文章を書く機会があると、いい影響がでてきそうね。

ブログのために新しいことにチャレンジする

f:id:byoyakud:20190715115546j:plain

著者が書きたいこと

読者が知りたいこと

この2つは違うことに気づきました。

読者のあなたが知りたいことは、新しいことではないですか?

著者が有名な方だと、ファンがいます。

その方の”文章”を読みたくて読者は読んでるので伝えたいことを中心に書いても問題ないでしょう。

書きたいことを書いて読んでもらうためには、ファンがいるとモチベションの維持につながります。

読者が知りたいことを書く視点を持つと、新しいことにチャレンジしようと考えるんですよ。

新しい本が出たら読んでみよう!

アウトプットしよう!

と、良いサイクルが生まれると気づきました。

継続するようになる

f:id:byoyakud:20190617071718j:plain

ぼくのブログはおすすめ本を紹介するブログなので本を読まないと、質の良い記事が書けません。

時間があるときに読もう、だと読みません。

勉強もそうですね。

やらなきゃいけないのはわかっているんだ…でも、できないんだ。

今まで習慣にしていないことをやるのはパワーがいります。

たとえば、

朝起きて歯をみがいたり

ひげをそったり

着替えたり

苦にならないのは、習慣になっているからです。

生活の一部だからでしょうね。

この時間は読書の時間、勉強の時間と決めてしまえば、苦になりません。

ぼくは、朝が一番集中できるので朝型です。

休日もいつもどおりに起きます。

早起きは大変じゃないですか?って思うでしょうが、夜は早く寝るので毎日早起きすると思わなくなりました。

むしろ、そうしないと落ち着かないくらいです。

そして、朝、情報収集や本を読んでます。

ブログを書く前は、眠いから今日はやめようとか続かなかったのです。

でも、目的を持って行動すると実行に移せるんですよね。

これもブログの効果です。

ブログを書く理由はこちら

f:id:byoyakud:20190606154144j:plain

薬剤師のぼくがブログを書く3つの理由【アウトプットせよ】 – おすすめ本を紹介する病院薬剤師Dのブログ

良い変化が起こっているのでブログを始めてよかったです!