病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

【新刊紹介】薬剤師におすすめする本【2019年5月】

f:id:byoyakud:20190516043700j:plain

2019年5月の薬剤師におすすめする本を紹介します。

月刊薬事 2019年 5 月号 薬剤師なら見逃し厳禁! 向精神薬の副作用と薬剤性精神症状

じほうの「薬事」

5月は”薬剤師なら見逃し厳禁! 向精神薬の副作用と薬剤性精神症状”

副作用という言葉に反応せずにはいられませんね。

症候/疾患別 臨床検査値 使いこなし完全ガイド

「薬事」の増刊号が熱い!

まずは「症候/疾患別 臨床検査値 使いこなし完全ガイド」

薬剤師のための検査値の本が充実してきましたね。

こちらは1項目をコンパクトにまとめてサクッと読めます。

気になる項目から読み進めるといいですよ。

薬剤師に”ちょうどいい”本です。

病態と薬剤からわかる 水・電解質・酸塩基平衡

そして2019年5月末に期待大の電解質の本がでます!

病態と薬剤からわかる 水・電解質・酸塩基平衡

編著が深川雅史 先生ですよ!!

すごく気になる。

薬物療法問題集 コモンな50疾患・150題で実力がつく! 2018年 10 月号 月刊薬事 増刊

2018年末にでた「薬物療法問題集」。

ぼくも購入しました!

積読ですが、少しづつ読みます。

順番に読むより、気になる項目から読むといいですよ。

処方箋の“なぜ"を病態から推論する 病態がわかると服薬指導が変わる!

「調剤と情報」の人気連載が本になりました。

目次をみると、薬局薬剤師、新人におすすめ。

あの岸田直樹 先生も関わってます!

薬局 2019年5月号 オピオイド誘発性便秘症

南山堂の「薬局」

5月は”オピオイド誘発性便秘症 ― QOLを向上させるための対応力を身につける ―”

便秘薬は2018年から充実してきましたね。

ナルデメジントシルについて使用感を書いてくれる本が少ないので、

個人的にはかなりおすすめ!

前半しか読めてませんが、余宮きのみ先生の項目は必読!!

薬トレ ―薬剤師の臨床センスを磨くトレーニングブック― 薬局 2019年3月増刊号

南山堂も問題集形式をだしました!

「 薬トレ ―薬剤師の臨床センスを磨くトレーニングブック―」

こちらも充実してます。すごく分厚い!

問題集、ドリル形式は最近のトレンドですね。

薬剤師も症例ベースの本が充実してきました!

レジデントノート 2019年6月号 血糖コントロール 病棟での「あるある」を解決します!

羊土社から研修医に大人気のレジデントノート。

6月号が先日でました。

「血糖コントロール 病棟での「あるある」を解決します! 〜急性期,周術期,血糖不安定など病態に応じた実践的な管理のポイント」

医師向けですが、病院薬剤師も気になる内容です!

同効薬、納得の使い分け〜根拠からわかる! 症例でわかる! レジデントノート増刊号

薬剤師なら反応せずにはいられないこちらの増刊号も

「同効薬、納得の使い分け〜根拠からわかる! 症例でわかる!」

レジデントノートは読みやすいので薬剤師でもいけます!

ぼくはこれを買います

あなたはどれを買いますか?

気になる本が多くて迷います…

「薬事」、「薬局」は年間購読されてる施設もあるかもしれませんね。

ぼくはレジデントノート6月号を買います。