病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本をさがす病院薬剤師Dです。本、勉強したこと、考えたことをメインに書きます。

【書評】感染症診療のベーシック・アプローチ【本格的に感染症を勉強する前に最適。ただし注意点あり】

  • 対象: 脱初学者、若手薬剤師
  • おすすめ度(5段階):★★★☆☆
  • コスパ:(5段階) :★★★★☆

この本は、感染症治療でこんなときどうすればいいのだろう?と疑問に思ったときに役立つ本です。

初学者向けの本を読み終えた方ならすらすら読めます。

わかりやすい内容なので薬剤師でも理解できますよ!

ただし、ひとつだけ注意点があるので、おすすめ度は3です。

【目次】


感染症診療のベーシック・アプローチ【目次】

  1. 初期研修を開始して3ヵ月目の医師です。感染症をどう診ればいいのか、よくわかりません
  2. 救急搬送された高熱患者、白血球が1万で、CRPは5もありました。抗菌薬は何を?
  3. とりあえずブロードスペクトラムの抗菌薬…、正しいやり方でしょうか?
  4. 「強い抗菌薬」とは正しい表現か?
  5. 感染症を筋道立てて診るには?
  6. 病歴を取るときのコツって?
  7. 背景情報がなぜ必要なのか?
  8. 患者背景を鑑別にどう役立てたらよいのでしょうか?
  9. 患者の手術歴の重要性―ただの発熱が…
  10. インフルエンザと思って帰したら、なんとマラリア。どうすればよかったの?
  11. 市中と院内では尿路感染の起因菌も違う?
  12. そもそも何で臓器を詰める必要があるんですか?
  13. 熱+白血球高い+CRP高いならとりあえず抗菌薬か?
  14. 患者さんの症状をよく聞き漏らしてしまいます。どうすればいいでしょうか?
  15. 検査があれば診察は不要?
  16. 画像検査で異常のある部分=異常部位、ではないでしょうか?
  17. 検査結果だけで重症度を決めてしまったのですが…?
  18. 肺炎の重症度のみかた、どうすればよかったのでしょうか?
  19. 微生物を詰めることには意味がない???
  20. 治らない肺炎 微生物は詰めた?
  21. 微生物を詰めるというプロセス、具体的にはどうする?
  22. 喀痰培養でCandida陽性、これはCandida肺炎? その1
  23. 微生物を推測する方法って? その1
  24. 微生物を推測する方法って? その2
  25. 培養で捕まった菌を叩きさえすればいいのか?
  26. とりあえず治療を初めてから検体を出しても遅くはない? その1
  27. とりあえず治療を初めてから検体を出しても遅くはない? その2
  28. 上司がやたらとなんでも培養を出したがる…
  29. 「とりあえず培養」は、もうサヨナラ
  30. 治療がうまくいかない患者、培養出したほうがよい?
  31. 重症肺炎、痰が取れるまでは抗菌薬は待つべき?
  32. 「質の悪い検体」ってどういうこと?
  33. 感度や特異度がいい検査なのに、なぜ偽陽性偽陰性が出るのですか?
  34. 「一応」オーダーした検査が陽性、治療すべきですか?
  35. β-Dグルカン陽性なら真菌症?
  36. 喀痰培養でCandida陽性、これはCandida肺炎? その2
  37. 喀痰からMRSA!これはMRSA肺炎?
  38. 髄膜炎:抗菌薬は髄液を採取するまで投与してはダメ?
  39. 検体の取り扱いで注意すべきことは?
  40. 長期留置血管内カテーテル感染は、カテ抜去でしか診断できない?
  41. グラム染色の意義って?
  42. グラム染色なんかで診断はつかない」っていう人がいますが…?
  43. グラム染色は培養に劣る??
  44. 肺炎の診断においてグラム染色の所見はあてになる?
  45. グラム染色でグラム陽性双球菌が見えるのに培養陰性…
  46. S.aureus肺炎や、Haemophilus influenzae肺炎や、Moraxella肺炎もグラム染色で診断可能ですか?
  47. グラム染色を抗菌薬選択に用いるのは危険?
  48. グラム染色だけで診断することが怖い…
  49. 血液培養はいつ採取すべきでしょうか?
  50. 血液培養のセット数と陽性率の関係は?
  51. 血液培養で何度も同じ菌 耐性菌?
  52. 血液培養、2セットは意味がない?
  53. 血液培養陽性!この菌はコンタミか?
  54. 血液培養でコンタミと判断される菌とは?
  55. 1セットしか取らなかった血液培養でコアグラーゼ陰性ブドウ球菌陽性…どうする?
  56. 血液培養:分注時に針は変える、変えない?
  57. 末梢血からの血液培養は留置カテーテルからの培養で代用してもよい??
  58. 「強い」抗菌薬を使っているのになぜ聞かない?
  59. 「耐性菌を検出=感染症」ではない!
  60. MRSAなどの耐性菌はすべて抗菌薬で叩くモノ?
  61. 尿培養で菌がたくさにても、尿路感染と診断してはいけないのでしょうか?
  62. 感受性試験の中のMICはどう読めばいいのでしょうか?
  63. MICはの低い薬が、一番良い薬なのだから、これさえ使えばいいのでは?
  64. 微生物検査ってなんだかよくわからないんですけど…
  65. 微生物検査って結果が出るのが遅いですよね?
  66. グラム染色の結果と培養結果が違うっておかしくないですか?
  67. 最初からBroad spectrumと製薬企業は勧めますが…?
  68. Empiric therapyとDefeinitive therapy、どうすすめる?
  69. Empiric therapyを選ぶ根拠は?!
  70. 「最初にとりあえず選んだ薬」=Empic therapy?
  71. ペニシリンのような古い薬がなぜ残っているんですか?
  72. 抗菌薬の併用を行わねばならない状況とはどういう状況でしょうか?
  73. グラム陰性桿菌感染症で、抗菌薬の併用は効果を高める?
  74. Definitibe therapyはなぜ必要か?
  75. 起因菌はわかったけど、Empiric therapyが効いているならOKですよね?
  76. 抗菌薬のスペクトラム表を見て抗菌薬を選んでもよい?
  77. 抗菌薬の選択基準は何ですか?
  78. MICさえ見れば抗菌薬が選べる?
  79. 効いている抗菌薬は、変えない?
  80. 重症児にNarrowなものに変えていいのでしょうか?
  81. 嫌気性菌カバーはCLDMのみ?
  82. 重症だと怖くてDe-escalateできない…
  83. PK-PDってなんですか?
  84. 時間依存性の効果を示す抗菌薬って?
  85. 濃度依存性の効果を示す抗菌薬って?
  86. 抗菌薬の投与間隔は治療効果に関係ある?
  87. 抗菌薬 なんでそんなにたくさん使うの?
  88. 喀痰からMRSAが出ている患者さんがいるのですが、担当医師が予防的にVCMを投与するといっています。意味があるのでしょうか?
  89. 経過観察にCRPを使ってもよいか?
  90. 抗菌薬の治療効果判定のタイミングは?
  91. 感染症治療、落ち着けばそこでおしまい?
  92. 抗菌薬治療期間 どこみればわかる?
  93. 肺に影が残っていても肺炎治療をやめてもいいのですか?
  94. 抗菌薬の治療期間 長すぎるか?短すぎるか?
  95. 抗菌薬が「当たっていない」? 抗菌薬が「弱い」?
  96. 腎盂腎炎:2日目で解熱していなければ治療効果なし?
  97. 一過性に悪くなってみえる感染?
  98. 抗菌薬を変えてもよくならない膿瘍患者、あと何日経過をみれば…?
  99. 外来での抗菌薬の使い方で注意すべき点は?
  100. 臨床感染症を学ぶコツは?

内容

大曲貴夫 先生の本です。

大曲先生は、静岡県立静岡がんセンターの感染症科立ち上げに関わり

現在は国立国際医療研究センター病院副院長を努め、AMR対策でご活躍されてます。

僕が感染症の勉強を始めた頃は

青木 眞 先生

大曲貴夫 先生

岩田健太郎 先生

この先生方の本やセミナーをよく聞いてました。

10年以上前の本なので

中古でしか手に入りません。

目次をみるだけで、「感染症あるある」ですよね。

1項目2ページでまとめてあります。

この本を読んでおくと

感染症診療のロジックなど、他の本が読みやすくなります。

ただし、注意点がひとつだけ!

かなり古い本なので、新しい本でアップデートは必須です!

抗菌薬の治療期間は新しい論文もでてきてますしね。

難しい本を読む前の準備体操と考えてください。

2〜3時間ほどで読めます

そのあとの本が挫折せず読めるなら、脱初学者には効率的ですね。

ある意味コスパがいい!

この本を読み終えたら

大曲先生の名著、「感染症診療のロジック」を読みましょう!

www.byoyakud-blog.com

こちらも今では古い本ですが、

感染症の基本的な考え方は変わりません。

感染症のデキる処方支援がしたい薬剤師は必読です!

医師向けですが、薬剤師も読めますよ!