病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

f:id:byoyakud:20190811225738j:plain

薬剤師でも文字通り、ねころんで読めます!

仕事で疲れた後でもスラスラと読めるからおすすめの本です。

ねころんで読める抗菌薬

  • 対象: 初学者、新人・若手薬剤師
  • おすすめ度(5段階):★★★★★
  • コスパ:(5段階) :★★★★★

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

内容をざっくりまとめると

  • 抗菌薬、感染臓器、原因菌の関係に触れている
  • 抗菌薬の投与日数について
  • 感染治療にCRP、白血球数のみを判断材料にしない
  • 培養結果の解釈
  • 各抗菌薬の特徴
  • 微生物の臨床的な特徴

幅広い内容ですが、

4コマ漫画が秀逸なので

頭に残りやすいです。

項目のタイトルが秀逸で

難しい内容をたとえ話で解説しくれます。

あなたの感染症の知識は

0からすぐに1、2、3…と

増えていくことは間違いありません。

何よりも読みやすく

1項目が、1、2ページで終了するので

通読しやすいです。

そして、初学者にちょうどよい量。

ぼくもこれを1冊目に買えばよかった…

と、時間の無駄を痛感しました。

著者の矢野邦夫 先生は、

感染制御の本を書いていたので

感染管理のことも少しだけ触れています。

読み終えたらこの本もおすすめ

f:id:byoyakud:20190715115546j:plain

次に読むべき本は

矢野晴美 先生の“感染症まるごとこの一冊”です。

“ねころんで読める抗菌薬”を通読してから読むと

理解度、読むスピードが違います。

www.byoyakud-blog.com

1回読んだら、次の本が良いのか?

正直、初学者の段階は、

1回だけでは定着記憶になりません。

ぼくが、2年目のときに輸液がわからなくて

県の病院薬剤師会が主催する勉強会に行きましたが

1度聞いただけでは理解できず

同じ内容を3回聞いて定着記憶になりました。

初学者は、まず、

自分のステージに合った本を

1冊読み切ることが重要です。

その後、定着記憶になるまで繰り返す。

それがコスパが良くておすすめです。

繰り返し読むのが苦手な方は

対象が同じ類書を読むのがよいでしょう。

類書は、岩田健太郎先生の絵でわかる感染症ですね。

www.byoyakud-blog.com

同じ内容を何度も読むのは、

つまらない、

テンションが上がらない、

続かない方は、

その方が継続できます。

継続できないと、身につきませんから。

ぼくは、感染症を勉強しはじめた頃は、

とにかく新しい知識が欲しかったので

別の本を購入して読んでました。

重要な内容は、他書でも記載されているので

繰り返し読んでいるのと同じ感覚になります。

ただ、どんどん新しい本を買うことが

最良の勉強法とは思っていませんので、

分野や自分のステージで変わると考えています。

勉強の仕方は、また別の機会に書きたいと思います。