病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

感染症

ステロイド、生物学的製剤に伴う感染症リスク

ステロイドや生物学的製剤を使用している患者は 感染リスクが高いので注意しましょう、と言われますよね。 具体的な基準を知っていますか? ぼくは、曖昧な知識で整理できていませんでした。 ステロイド、生物学的製剤に伴う勉強したことをまとめました。 ス…

免疫不全患者の感染症で勉強したこと【2019年】

免疫不全患者は感染症のリスクが高いため注意が必要です。 なぜ?と聞かれて具体的にイメージできますか? 薬剤師のぼくは、できませんでした。 レジデントノート増刊号 免疫不全患者の発熱をマスターせよ!で勉強すれば最近の情報にアップデートできますよ…

発熱性好中球減少症(FN)の勉強したこと【2019年】

発熱性好中球減少症(FN)は命に関わるため抗菌薬の選択が重要です。 そもそもFNって何か説明できますか? とりあえず、カルバペネム+バンコマイシンがルーチンでよいですか? 抗菌薬を根拠をもって選択できる薬剤師としてになりたいですよね。 勉強したこ…

薬剤師のためのキノロン系抗菌薬アップデート【2019年】

medinina 2019年6月号を読んでキノロン系抗菌薬のアプデートする内容を備忘録をかねて書きます。 薬剤師の知識のアップデートにご確認ください。 薬剤師のためのキノロン系抗菌薬アップデート2019年 キノロン系抗菌薬の基本 抗菌スペクトル キノロン系抗菌…

薬剤師のためのペニシリン系抗菌薬アップデート【2019年】

薬剤師のためのペニシリン系抗菌薬アップデート【2019年】 medinina 2019年6月号を読んでアプデートした内容を備忘録をかねて書きます。 今回はペニシリン系抗菌薬です。 ペニシリン系抗菌薬の基本 作用機序 分類 PK/PD アップデート ペニシリンアレルギー …

薬剤師は「medicina 2019年6月 抗菌薬をアップデートせよ!」を読もう

2019年に抗菌薬をアップデートするには 「medicina 2019年6月 抗菌薬をアップデートせよ!」が最適! すべての薬剤師におすすめできる本です。 大曲先生と岸田先生の対談が読めるなんて豪華! 岸田先生の「新しい抗菌薬適正使用」とは "耐性菌は制圧するの…

感染症で薬剤師に役立つ知識を勉強できるおすすめ本5冊

薬剤師におすすめする感染症の処方支援に役立つ本を紹介します。 医師との関わり方、ピットフォール、グラム染色など。 知ってると処方支援の質がかなり高まりますよ! 1. 感染症非専門医・薬剤師のための感染症コンサルテーション 2. 目指せ感染症マスタ…

感染症の知識をブラッシュアップしたい薬剤師におすすめ本4冊

感染症の基本を学んだあとに 薬剤師がブラッシュアップするための本を紹介します。 研修医、若手医師向けの本もありますが 薬剤師でも理解できます。 やや古い本もありますが 感染症の世界の神様とも言える 青木 眞 先生のお言葉 「感染症診療のロジック」は…

【新刊紹介】感染症の気になる本!薬剤師にもおすすめ【2018年12月〜2019年5月】

感染症で薬剤師にもおすすめする新刊を紹介します。 2018年12月〜2019年5月に発刊された本が対象です。 熱い雑誌で有名なINTENSIVISTから重症感染症2! (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScri…

感染症の教科書!薬剤師に必要な「レジデントのための感染症診療マニュアル」

感染症を勉強する薬剤師が最後にたどり着く 「レジデントのための感染症診療マニュアル」 多くの方が活用している青木 眞先生の名著です。 感染症とたたかうために必要なおすすめのマニュアル! レジデントのための感染症診療マニュアルの帯と厚さにドキッ …

薬剤師は「感染症プラチナマニュアル」をポケットに入れておこう!

感染症の勉強が進むと 処方支援の機会が増えてきますよね。 ちょっと確認したち時に役立つのが ポケットサイズのマニュアル! 薬剤師におすすめする感染症のポケットサイズのマニュアルはこの2冊のどちらかです。 感染症プラチナマニュアル 感染症診療の手…

「感染症診療のロジック」で感染症診療が理解できる薬剤師になろう!

薬剤師が抗菌薬の処方支援に関わると 感染症診療を理解しないと治療の流れがわかりません。 でも、たくさん本があってどれで勉強すればいいか迷いませんか? できる薬剤師になりたければ 大曲貴夫 先生の名書「感染症診療のロジック」を読もう! 感染症診療…

抗菌薬の本当の使い方がわかる!薬剤師必読の「抗菌薬の考え方、使い方」

「抗菌薬の考え方、使い方」は、 薬剤師も必読のおすすめ本! 抗菌薬の本当の使い方がわかる名著です。 ぼくは、読んだことがあるver.3の書評を書いてます。 ver.4が最新版ですが、 本のテイストは同じと考えて良さそうです。 抗菌薬の考え方、使い方 対象…

薬剤師が感染症を広く勉強するには「ドクターこばどんの感染症道場」

感染症の治療は、感染症診療の基本、微生物、抗菌薬、培養検査の理解が必要です。 さらに、HIV、渡航患者の感染症も他人事ではなくなってきています。 この幅広い領域を1冊で勉強できる本があったらいいと思いませんか? そんな薬剤師に ”ドクターこばどん…

薬剤師が感染症の基本を勉強するには「感染症まるごとこの一冊!」

薬剤師に必要な感染症の基本は「感染症まるごとこの一冊」で勉強できます。 文字どおり1冊でほとんど網羅できます。 ざっくり内容をまとめると 病院の感染制御 抗菌薬 臓器別の感染症 ワクチン これと言って 特徴がないように思えますが 基本忠実に書いてあ…

薬剤師が抗菌薬の基本を学ぶ本は「絶対わかる抗菌薬はじめの一歩」

抗菌薬の調剤をしているとき、抗菌薬の特徴を説明できますか? 薬剤師が抗菌薬のことを本格的に勉強するなら”絶対わかる抗菌薬のはじめの一歩”がおすすめ! 感染症の初学者、新人薬剤師が最初に購入しても理解できる内容です。 絶対わかる抗菌薬のはじめの一…

もやしもん好きの薬剤師におすすめする感染症の本は「絵でわかる感染症」

「絵でわかる感染症」の岩田健太郎 先生と、もやしもんのイラストのコラボです。 岩田先生のわかりやすい文章と、もやしもんのイラストが秀逸で薬剤師でも理解できます。 おすすめの本です! 絵でわかる感染症 対象: 初学者、新人・若手薬剤師 おすすめ度(…

感染症を勉強する薬剤師は「ねころんで読める抗菌薬」を最初に読もう

抗菌薬は暗記です。 でも、正直おぼえるのに苦労しますよね。 ねころんで読める抗菌薬 これを読めば頭に残ること間違いなし! 4コマ漫画の例えが秀逸で初学者に最適です。 薬剤師でも文字通り、ねころんで読めます! 仕事で疲れた後でもスラスラと読めるから…

感染症の初学者、薬剤師におすすめ本5冊

感染症… 長い微生物名がならび 抗菌薬も種類がありすぎて ぜんぶ暗記できないよ!! どうやって勉強したらいいんだ! ってなりますよね。 ぼくも最初に買った本がわかりづらくて… 挫折しました。 でも、もう大丈夫です。 ぼくを踏み台にして 効率よく勉強し…