病院薬剤師Dの軌跡

おすすめ本や勉強したことを書く病院薬剤師です。

ステロイド、生物学的製剤に伴う感染症リスク【2019年】

ステロイドや生物学的製剤を使用している患者は 感染リスクが高いので注意しましょう、と言われますよね。 具体的な基準を知っていますか? ぼくは、曖昧な知識で整理できていませんでした。 ステロイド、生物学的製剤に伴う勉強したことをまとめました。 ス…

免疫不全患者の感染症で勉強したこと【2019年】

免疫不全患者は感染症のリスクが高いため注意が必要です。 なぜ?と聞かれて具体的にイメージできますか? 薬剤師のぼくは、できませんでした。 「レジデントノート増刊号 免疫不全患者の発熱をマスターせよ!」 で勉強すれば最近の情報にアップデートできま…

発熱性好中球減少症(FN)の勉強したこと【2019年】

発熱性好中球減少症(FN)は命に関わるため抗菌薬の選択が重要です。 そもそもFNって何か説明できますか? とりあえず、カルバペネム+バンコマイシンがルーチンでよいですか? 抗菌薬を根拠をもって選択できる薬剤師としてになりたいですよね。 勉強したこ…

薬剤師のためのキノロン系抗菌薬アップデート【2019年】

medinina 2019年6月号を読んでキノロン系抗菌薬のアプデートする内容を備忘録をかねて書きます。 薬剤師の知識のアップデートにご確認ください。 薬剤師のためのキノロン系抗菌薬アップデート2019年 キノロン系抗菌薬の基本 抗菌スペクトル キノロン系抗菌…

薬剤師のためのカルバペネム系抗菌薬のアップデート【2019年】

medinina 2019年6月号を読んでアプデートする内容を 備忘録をかねて書きます。 カルバペネム系抗菌薬 ペニシリン系、セフェム系と同じくβラクタム系に分類されます。 作用機序 細胞の細胞壁合成阻害が作用機序です。 細胞壁にある細胞壁合成酵素のひとつで…